本日、とある講習会を受講するために
世田谷まで行っておりました。

※というわけで、ご近所のみなさーん
 今日のマナーアップデー(ウンチ拾いボランティア)に
 参加できなくってごめんなさい!

講習会の内容については
ただいま脳内でまとめ中なのでまた後ほど。


で、その講習会が終わってからなんですけど
会場の1Fにあるカフェで
コタ姉と遅いランチを取りました。

講習会でさんざんおやつ食べたので
できるだけ低カロリーのわんこメニュー


そこのカフェに来ていたグループの中に
小学生と幼稚園と思われる姉妹がいまして。

カフェに来ているワンコのところに行っては
「触ってもいいですか~?」

・・・実はね。

こっちには来て欲しくないなあと思ってたんですよ。
いやもちろん、飼い主に聞いてから触ろうとしてる
しつけの行き届いたお子さんたちだったんですけどね。

それでも、来て欲しくないなぁ・・・って。

講習会でコタローも疲れただろうし
カフェに入ってまだちょっと落ち着いてない時だったし
何よりコタローが知らない人に触られることが
好きじゃないし。

人間のメニューのときはそんなに反応しないのに
なぜか自分のメニューが来るとよくわかる(笑)

これが公園とかならまだいいかなぁと思うんです。
場所も広いし、コタローもイヤだったら逃げやすいし(^_^;)

ほんとはね、もし来られても断ってあげたほうが
コタローとしてはうれしい。

でもね、丁寧に
「触ってもいいですか?」って聞かれると
断りにくい~。

一応、コタ姉と話し込んでる風なんて装っちゃって
来ないでね~オーラ出してみたんですが
力及ばず(汗)。

来ちゃいましたよ~「わぁ~柴犬だ!触ってもいいですか?」って。

でね、セオリーとしてね
「じゃまず犬にあなたのニオイを嗅がせてあげてね」
「手をグーにしてね」
って言いました。

確かに言うとおりに座って手をグーにしてくれました。

で、コタローもちょっと戸惑いながらも
こどもに寄ろうかなとしたとき
こどもがズイズイと手をグーにして近寄る近寄る。
で、無理やり嗅がせる(汗)。
コタロー、後ずさり(大汗)。

それでも鼻に手をググッとだして
「じゃニオイ嗅いだから触っていい???」
ってなる。
コタローはドン引きだけど。

最高っす!

あぁ~、いまひとつ言葉が足りなかったな。

「手をグーにしたら
犬の方から近寄るまでそっぽ向いて待っててね」
って言わなくちゃいけなかったんだな~。

で、何より先に言わなくちゃいけなかったのが
「触ってもいいですか?」って聞かれたとき
「いいよ。ただし
犬の方からあなたに近寄って挨拶したいっていったらね」

そう、ちゃんとコタローの意向を確認しなくちゃいけなかった。
コタローが挨拶したいならいいけど
したくないならさせちゃいけなかったな。
反省。

食べ終わった後ってちょっぴり哀しい

こどもたちは犬に触れて満足だったかもしれないけど
犬は犬で迷惑なことだったし
こどもにとってもほんとにちゃんと犬の気持ちを考えさせる機会を
奪っちゃった。

犬に断られたら触らない、という経験が必要だったかも。

それに「カフェ」は犬と触れ合う場所には適さないと思うなぁ。
オトナでもコドモでも。
そして犬同士でも。

「触ってもいいですか?」

一見とっても礼儀正しいことのように思えるんですけど
でもそれ言ったらOKっていうのも
やっぱりなにか違うんじゃないかと思った出来事でした。


★おまけあります★


にほんブログ村ランキングバナー
触りたいなら公園でまったりモードのときが
おすすめです

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪









--------
(●・ω・)ノ-おまけ
--------
今日初めて会ったパピーちゃん。
実は小学生の通学路に捨てられていたコだったんです。


ゴールデン?ラブ?系です。
たぶん3ヶ月、やっとお散歩デビューしたところ。

人が大好きみたいで、私にも甘えてきてくれました。
飼い主さんに可愛がられてるんですね。
もしかするとなくなっていたかもしれない命。

一度捨てられたらこんな風に幸せになれるコは
ほんとに稀なんだと思います。

よかった、ほんとによかった。

周りにはコタローもパピー時代にたくさんお世話になった
ラブやゴールデンたちがいるから
君もしっかり遊んでもらってね。

・・・で、私がパピーちゃんと遊んでる間のコタローはといえば。

会ったときにちょっとにおい嗅いだらもういいやって
すっかり飽きてツチノコ化してました(汗)。

終わったら声かけて~ byコタロー