預かりさんちで専用の「庭付き一戸建て」に
仮住まいすることになった迷子犬「チロ」の
お散歩ボランティアに行ってきました。



飢えていた時期があったのか
もともとの体質か
体はガリガリです。
オシリも寒そうなくらい細い。

でも預かりさん宅ですっかり元気を取り戻したのか
ガンガン引っ張りはしないけど
元気にウロウロ(笑)歩きます。

おやつへの反応はすこぶる良い。
良すぎて人の手ごとぱっくりいきます。
噛み付くわけじゃないんですけど
気をつけないと痛い(^_^;)


リードに足がかかると
すーっとはずすしぐさが慣れているようなので
係留慣れしてそうです。
外飼いだったのかも。

ウロウロと落ち着きのない感じですが
若そうだし、もしかしてコレくらいが普通かな・・・?
たぶんコタローがシニア並みに動かなさ過ぎるのよね。

マーキングばっかりってわけでもないし
「そこはしないよ」っていうとちゃんと言うこと聞いてくれる。
トレーニングは入ってなさそうだけど
でもすごく聞き分けがイイ。

・・・って、これもコタローの辞書に「聞き分け」がないからか!

いやいや、それを差し引いても
人の言うことをよく聞いてくれるコです。

歩きながら(もしかしておやつ目当てかもしれないけど)
ちゃんとこちらを気にしながら歩いてくれるんです。

先頭切って歩きますが
人がこっちだよ、って指示するとちゃんと戻ってきて
指示に従ってくれます。

「チロ!」って呼ぶとちゃんと振り向いて
しっぽユラユラふって応えてくれます。


これからシャンプーしてもらって
明日は健康診断を受けに行くそうです。
早く飼い主さん、見つかるといいね!

★★★★★★
迷子犬「チロ」については・・・
詳細はこちら→迷子情報(犬猫) – CAPIN 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク

お心当たりのある方は CAPIN ( info@capinew.jp )までご連絡ください。
★★★★★★

さて、こちらの柴犬もおやつには真剣なご様子です。



チロ見た後でコタローを見ると
体型の違いにびっくり。

体高はチロの方が高いと思われますが
肉付きが、毛量がぜんぜん違いますね。

温室育ちなもので


コタローが迷子になったら
チロのようにおとなしく
面倒見させてくれるかどうかあやしいわ~(ーー;)


そんなコタロー、
相変わらず公園でワン友待ち。

ワクワク~


ごめん、コタロー。

もうわりととんでもない時間だから
誰も散歩してないと思うわ~(汗)。

だから行こう?
さあ「立って」って言うと・・・

いきなり倒れる。

バッタリ。


あげくにヘソ天ですか。そうですか。

いやぢゃ~


・・・お前は平和だのぅ。

にほんブログ村ランキングバナー
チロが早く飼い主さんのところへ戻れますように!

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪