本日、久々のつくばお散歩会に行ってきました。
(2月、3月と都合が合わずにお休みしてました)
都合により、1時間遅れの参加。
さあついたよ!コタロー!!!
コタローももちろんやる気満々!
満々???

・・・ウソです。こんなんです。
まあ彼の場合、やる気があってもなくてもこんなもんでしょう。
参加犬一覧はコチラ

ごろー(柴犬、1歳・♂)
コタロー(柴犬、1歳・♂)
レオ(紀州犬、2歳・♂)
アルディ(エアデール・テリア、1歳・♂)
ぱとら(雑種犬、2歳・♂)
パウロ(スタンダード・プードル、1歳、♂)
クッキー(雑種犬、15歳・♀)
カンスケ(柴犬、2歳・♂)
あんず(柴犬、1歳・♀)
そう、血気盛んなオス犬祭りだったんです(^_^;)
なので、お散歩中はだいたいこんな感じ。
お互いが距離を取って歩きました。

途中参加ということもあって
事前に飼い主の挨拶もしておらず
犬の情報もない中で
私としてはなかなか精神的に厳しいお散歩会となりました(^_^;)
コタロー自体は相変わらずのマイペースでしたが。
初対面&対犬が苦手な犬とは前後左右、360度
注意しながら距離を取りつつ
面識がある犬相手でもなぜかコタローが
あっちでもこっちでもマウンティングされ
まあもちろんコタローも怒ったり
飼い主も間に入ったりするものの
もう安全パイはメス犬のあんずちゃん&クッキーちゃんだけ、という事態に陥りました。
去勢した後にオス犬にマウンティングされる」ようになった、
って話は聞いたことがあるんですけど
いざ目のあたりにすると飼い主としていささかショック・・・。
単純に上下関係をはっきりさせたいため???
いやいや、でもさぁ
滅多に会わない相手だけに、ほんとに上下関係云々ってだけなの???
だって滅多に会わない相手と
上下関係をはっきりさせる必要があるのか?
いやないよね~、と思ったり
なにかオス犬らしからぬフェロモンでも出してるのか???
と飼い主としてはほぼ初めて去勢したことを不憫に思ってしまいました。
もしかして私が男性だったら、もっと強烈に思ったかも(なんとなく)。
コタパパには内緒にしておこう(なんとなく)。
ただね、今回のお散歩会。
もしかして対犬に敏感な犬の散歩ってこんな感じなのかな
と思いました。
前後左右、犬が近づいてこないか気を配り
早め早めに進路を変更したり
相手との距離を常に測ったり
ものすごく精神的にキツイ。
そんな厳しい中でもがんばっている飼い主さんたち。
今まで不用意にコタローを近づけてしまったことも
きっとたくさんあるに違いない。
あまりにも私はのほほんとしすぎだったなぁと反省しました。
そして次回へ続く・・・
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
次回記事は「反省会???」かな
←ポチっとクリックしていただければ励みになります