先週に引き続き
今日も16m超ロングリードでお散歩。
超ロングなリードでお散歩 | 柴犬コタロー日記


平日の場合人間の時間的には
朝は時間が無く夕方なら時間がわりとあるんですが
最近コタローの「お散歩やる気メーター」が
朝散歩のときなんですよね。

夕方にロングリード散歩しようとしても
コタローがしようとしない(笑)。

なので朝散歩の時間が取れる休日は
できるだけコタローと長く散歩を楽しめるように
気をつけています。

今日は先日とはまた違う場所で
ロングリードに。

こちらの農道は通行量が比較的多いので
ロングリードでは歩かずに空き地での探索のみ。

芝生もなく落ち葉でフカフカな地面。
「腐葉土」って言葉が思い浮かびます(^_^;)



こういう地面でのコタローの遊びは・・・


穴掘り!フカフカ地面は掘りやすいみたいです。



で、おもむろにプレイバウして
いきなりダッシュ。



「穴を掘る」って犬の本能のひとつなでしょうが
『本能を満たす遊び』をすると
すんごくうれしそうにはしゃぐコタローです。



そんなコタローの動画はこちら。

柴犬 はしゃいでます – YouTube


・・・かわいいなあ(←飼い主ばか)。

犬が犬らしく行動してはしゃいでる姿っていうのは
なんでかわいいんでしょうねぇ~♪

それを許してやれる環境にいるのが
とってもありがたいです。

で、こんなとこで遊んでるコタローですが
実は今年、1度もフロントラインをしておりません。

フロントライン、以前は私も
当たり前のように
することが健康上もマナー上も常識のように
していたのですが
コタローの肝臓の数値が悪化したときに
やめたんです。

副作用が少ない、獣医も薦めるフロントラインですが
やっぱり「毒物」を体に入れるのは
解毒作用をつかさどる肝臓に負担がかかるので・・・。


「フロントライン不要論」を唱えるつもりは
毛頭ありません。

マダニの多い野山に分け入るときには
やっぱり必要かと思いますし
まして「ノミダニアレルギー」の犬なら
必須になるのかと思います。

でもコタローの場合
草むらにもあまり気にせず入らせていますが
今シーズン、ダニがついたのは
3回くらいでしょうか。

2回は散歩後のブラッシングで気がつき
後1回は翌朝(!)目のふちに来ていたのに
気がついて取りました。

いずれも食いついてはおらず
特別な器具も無く取ることができました。

なんとかなりそうな気配なので
来シーズンもやらないかもしれません。

そういえば、ノミダニがつきやすい個体もいるとか?
においがどうの、皮脂がどうのって話もありますが
ほんとのところはどうなんでしょうね。

でもよく病院あたりで見かける
無数のダニがまるでいぼのようにぶら下がるような状態って
普通にケアしている飼い犬の場合は
なかなかならないような気もします。

ちなみに保護猫である我が家のケイトは
保護した当初はマダニにもくいついてましたし
ノミもいたと予想されるので
同じく駆虫剤のレボリューションを
病院でつけました。

それ以降はしていません。
外には出してないので
もしつくとしたら
コタローのお持ち帰り品ですからね。


ロングリードでちょいと遊んだ後は
今日は休憩もせずにひたすら歩きます。



散歩時間は2時間くらい。
夏に比べると30分~1時間長くなりました(^_^;)


散歩にはいい季節になりましたねぇ。


にほんブログ村ランキングバナー
ロングリードがひっかかったら
はずせと目で指示されますです

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪