3才目前にして、コタローが呼び戻しに応じなくなりました。

どこかへ行ってしまうというのではなく
ただ呼ばれても動かない。

聞こえているはずなのに戻ってこない。

・・・どうしよう(ーー;)


最近呼び戻してなかったからとか?
忘れちゃった?

・・・いやいや、それはない気がする。

呼ばれたら戻る、という単純なことを
忘れるわけないな。

うーむ、どうしようかと思いましたが
夏場で活動量が落ちていたし
わざわざ呼び戻す必要もほとんどない状態で
やる気のないコタローに
いまさら何かトレーニングしてもなぁって感じだったし
そのまますごしていました。

で、9月後半になって涼しくなってくると
コタローの活動量が増え
それに伴い呼び戻しに
応じるようになりました( ̄▽ ̄;)


ヘイヘイ

なにそれ。

呼び戻しができなくなった原因って
・・・暑さ

暑い時期は超節電モードに入るコタロー。

毎年(ってまだ夏は3度目ですが)
このままシニアに突入したらどうしよう?と
不安になるくらい活動低下します。

地球に戻れなくなった「アポロ13」が
船内電力を極限レベルまで落として
ギリギリ生命維持にまわしたように

雪山に遭難した人間の体が
内臓や脳を守る為に
手足を凍傷にして犠牲にするように

コタローの場合も
その少ないエネルギーが
呼び戻しに応じたり
遊んだりするエネルギーを犠牲にして
すべて生命維持にまわされているのでしょうか。

実は恐るべき生命維持機能搭載柴なのだ


というわけで
必要以上に動かなかった夏場は
まったく必要がなかったロングリードを
また始めました。

以前のようにあっちこっち探索しながら
適当な頃合でちゃんと帰ってきたり。


そこは入っちゃだめだよっていうと
素直に言うこと聞いてくれちゃったり。


動きが夏前のように戻ってきつつあります。


となるとやっぱり暑さのせいだったか。

もしかしてちゃんとトレーニングしてるコなら
暑さごときで呼び戻しに応じないなんてこと
ないんでしょうか(^_^;)?


ちなみに室内では肌寒い日は
ソファで寝てるこたさん with 三毛猫ケイト。

ダブル・ドーナツ寝姿

でもちょっと暑い(暖かい)日は
いち早く冬毛を着込んでるコタローは
やっぱり冷え冷えフローリングライフ。

冬物早く出しすぎたわー

一方でケイトは暑くても
真夏のような暑さでなければ
腹出しつつもベッドの上。



ちなみに今怖いのは
冬になって今度は寒さを理由に
呼び戻しに応じなくなったらどうしようって
ことなんですけど
さすがにそれはない・・・と信じたい(ーー;)


★おまけあります★


にほんブログ村ランキングバナー
「スーダングラス」はコタローもちょっと食べます

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪







--------
(●・ω・)ノ-おまけ
--------

そこそこ距離を歩いても
コタローは切らなくていいほど散歩で「爪が減る」
ということがありません。

土や草の上ばかり歩いてるからかなと
思ってましたが
アスファルトの上では体重をかけるような
動きはほとんどしないからかも。

コタローにしては珍しく
アスファルトの上で
プレイバウのステップ激しく踏んだら
爪が割れちゃったんですが
(血管には影響ないので痛くない)
黄色いマルで囲った爪は見事に削れてました。


道路や硬い地面の上ではしないように教えてきたからか
走ったりステップ踏んだりは
ほぼ100%広い草っぱらの上でしかしないので
こうやって削れるのって珍しいわーとか
思っちゃいました。