猫が飼いたい、そう思ったとき
「保護猫」を迎える、という選択があります。

野良1年やってました by 三毛猫ケイト

とことん純血種にこだわりがあるのでなければ
猫を飼ったことがある人はもちろんですが
初めて猫を飼う人にも「保護猫」という選択を
考えてもらえるとうれしいな、と思います。

保護団体のホームページとか見ると
いろいろと条件が書いてあって
それを見ると
「保護猫」って敷居が高い気がしてました。

ケイトを迎えるまでは。

コタローはペットショップ出身なので
よくわかるのですが
確かにペットショップって行きやすいし
簡単に飼えてしまう(買えてしまう)し
家族になるまでの過程が
とっても簡単なんですよね。

実はそれからとってもとっても
たいへんになるんですけどね(ーー;)

月齢が低すぎる場合が多いし
人と暮らしたりしたこともないので
すべてイチから教えていかないといけませんから。


我が家に来てから2ヶ月
待っていた甲斐があって
自分からひざに乗ってくるように

保護団体から譲り受けるときは
それぞれの団体によっていろいろと条件があります。

ペットショップでは
まず聞かれないようなことも条件としてありますし
故にけっして衝動「飼い」はしなくなります。
したくてもできません。

でもほんとはショップのように
誰にでもどんな条件でも
お金さえ出せば飼える(買える)って
おかしいんですよね。

ケイトは私自身が保護した猫ですが
ちゃんとお世話になった保護団体と
契約書も取り交わして引き取りました。

私で大丈夫なのかな、と何度も思いましたが
その契約書が実は自信にもつながりましたし
相談にもたくさんのってもらいました。

預かりさんによって
「人との暮らし」を経験していたので
一緒に暮らし始めるのもスムーズでした。

成猫でしたからトイレもばっちりだし
ごはんも困りませんでした。

我が家のトイレはコタロー対策のため
高いところにあります

犬と比べると世話のたいへんさは
よく言われるんですけどほんとに2分の1。

散歩に出ない&トイレが完全室内っていうだけでも
楽させてもらってます。

ま、犬の場合はそれはそれで楽しいのですが
年取ってからは犬の世話はキツイかも。

やっぱり飼えません、というのは
原則的にはNGでしょうが
それでも何かしらトラブルがあるかもしれないので
たとえば先住猫や先住犬との相性が心配な場合の
「保険」としてトライアル期間というものもあります。

血を血で洗うような争いがない限り
まずは大丈夫なはず???

病気なども事前にちゃんと調べてもらえますし
性格や好みもわかった上で
「うちの子」を選ぶことができるのは
保護猫ならではのメリットかな。

そして何より。

たくさんのおうちのないコがいます。
聞けばびっくりするような数です。

本来なら15年も20年も生きる猫が
生まれて1年と経たないうちに
たくさん亡くなっています。

野良で生きるということは
おうちがないまま生きるということは
そういうことなんですよね。


高いところは大好き~♪

だからもし猫を家族に迎えたいと思ったら
「保護猫」という選択を視野に
入れてもらえたらなあと思います。

私自身、まだまだ保護ということ
動物愛護ということが
奥が深くてよくわかってないんだと思うのですが
ひとりひとりが救える命の数は
少ないかもしれないけれど
それが大勢集まると
たくさんの命が幸せになる、ということだけは
わかります。

ケイトを家族に迎えてまだ4ヶ月も経ってないんですが
見返りはもう十分もらいました。




・・・と、ここまでが長い前置き(!)。


お知らせが二つあります。


先日のつくばお散歩会にも参加されていた
たまさんちが保護した子猫の里親さん・一時預かりさんを
募集しています。
詳しくはこちら↓↓↓↓↓
グリ日記| 「里親さん・一時預かりさん 大募集」 グリの新しいおうちを探しています![追記あります]


また別件ですが
ケイトもお世話になったCAPINさん主催の譲渡会も
つくば市内で開催されます。
詳しくはこちら↓↓↓↓↓
にゃんこの譲渡会 – CAPIN 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク


一匹でも多くの命が幸せになりますように。


にほんブログ村ランキングバナー
し、柴犬が出てない(汗)

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪