今朝はコタローに3時半に起こされました~(^_^;)

でもおかげで夜明け前から
いい気持ちで散歩できました♪

朝かすみの中のお散歩

涼しくってコタローの足取りも軽い軽い。



今日はコタロー連れで
ケイトのお見舞いに行って来ました。

ちなみにコタローが心配してるのは
クールバッグの中のお肉の行き先である

ケイトがさびしいだろう思って
コタローも連れて行きました・・・

というとっても感傷的な理由ではまったくなく(笑)

今の状態のケイトを
コタローに見せて慣れさせるためなです。

というのも、ケイトは今
カラーはついてるわ
管はついてるわ
服は着てるわで
いつもと様子が違います。

点滴や肺の水抜き用の管は
退院時にはなくなりますが
服は着たままだし
包帯ぐるぐるだし
カラーも着いてるかもしれないし
そんな状態のケイトが
いきなり家に帰ってきたら
コタローが警戒して吠えちゃうかもしれないので
事前に顔合わせです(^_^;)

いきなりこの状態のケイトを
うちに連れて帰ってきたら
あやしさ満点かもしれませんが
病院みたいなところで会えば
わりと受け入れられるものですよね。

まあすぐに慣れるでしょうが
不安な気持ちで帰ってくるに違いないケイトに
ワンワン吠えたりして
あまり精神的な負担もかけたくないもので。


「いつも食べてるごはんを持ってきてください」
といわれたので・・・

ウェットは今回買いましたが
そのほかは「いつも食べてる」こんなん持って行きました(汗)。

馬肉と鶏肉をご用意しましただ

鶏レバーとかの方が
食いつきはいいのですが
なにぶんこの10倍はグロイし
持ちも悪そうなので避けてみました(^_^;)

でも冷蔵庫に入れなくちゃいけないし
病院にはお手間でしょうが(汗)
快く引き受けてくださいました。
感謝です~(^_^;)

ケイトは診察台の上から
コタローは診察台に前足をかけて
お互い鼻をつきあわせて挨拶もしました。

回復は順調そのもので
懸念された肺水腫も起こらず
レントゲンを見てもしっかり
肺に空気が入ってきているようです。

鎮痛剤も弱いものになって
意識もはっきりしています。

診察台からも降りよう降りようとして
危ないので抑えっぱなしで
写真が撮れません(^_^;)

それでもレントゲンの説明のために
獣医さんから引き取って
私が代わりに抑えると
私のお腹にカラー付のまま
顔突っ込んでニオイ嗅ぎ?
その後は私に寄り添ってくれたりと
いくらか落ち着いてくれたようでした。

おー、ちゃんとわかってくれてるんだなと
ちょっと安心。

実はひそかに
けろっと忘れてたりしてとか思ってたのですが
ほら、よく猫は三日で忘れるって言うじゃないですか(笑)

そうなったらなったで
またイチから関係作っていけばいいさって
思ってたのですが杞憂だったかな(笑)

今日は酸素室から一般入院室へ移動したり
利尿剤も減らしたり
この調子なら明日の夜には退院できるとのこと!

明日は朝一回様子を見に来て
調子がよいようなら
夜に再度迎えに来る予定です。


で、今回のご請求額も確認させていただきました(^_^;)

こちらが申し訳ないと思うくらい
ほんとにほんとに良心的な金額を
提示していただきました。

きっと横隔膜ヘルニアで検索された方は
手術費用はいくらかかるのって知りたいと思うので
これはケイトの症状とあわせて
後でちゃんとまとめて出したいと思います。

これだけの手術をしただいたわりに
破格のお値段と思われます。

そりゃ5万10万じゃありませんが
(人工腹壁&手術費で10万じゃ原価割れなので)
でも大学病院や高度医療センターでは
倍じゃ効かないかも・・・。

手間ばっかりかかって
儲からない患者なんですが
先生、大丈夫なんでしょうか!?

心配になってきたので
コタローとケイトは
今後ともこちらの病院を
かかりつけにさせていただきますです~(^_^;)

にほんブログ村ランキングバナー
元気すぎて安静にするのが
難しそう(^_^;)贅沢な悩みです

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪