コタロー、あっちに行きたいとアピール中。

あっち行くのだ

無理矢理引っ張ったところで
相手が動かないということは百も承知・・・
お互いに(笑)。

そしてたぶんソフトな交渉
例えばこっち向いて飼い主を見つめるとか
では通用しないとわかっているコタロー。

なぜなら過去に何度もあちらへは
行かせてもらえないことがあったから。

おそらく散歩の8割は
コタローの行きたい方向へ
行くようにしてると思いますが
今回のように絶対に行かせないと言う時もあります。

この場合は「あっち」の方向は
交通量の多い道路にぶつかり
農道から道路へ上がっても
縁石も何もない歩道になるので
危険だから行かないのです。

5分この攻防を続けて
いったんはあきらめてこちらに歩きかけるも
再度交渉を始めるコタロー。


こちらも行く気はないので
後ろを向いたまま応対。

5分10分何もしないで待てば
コタローが折れてくることがほとんどです。

時間があればもっと待つこともありますが
時間がない時はコタローのそばまで行って
説得(笑)。

あっちはムリだけどこっちはどう?とか。

コタローも一通りゴロゴロしたりしてゴネて
渋々ついてきてくれたりもします。

呼び戻してもいいんですけど
そうすると足元まで来てまた交渉を始めるんで
あまり解決にならないんです(^_^;)

それにこういう渋々な感じの時に
呼び戻しは使いたくない。

今日はちょっと戦法を変えて
地面を掘ってみることにしました(笑)。

ご参考↓
アイコンタクトなしで注目させる方法:ドッグウォーカー博士のスローライフ

飼い主に注目させる方法の一つとして
地面を足で引っかく、というのがあり
なるほどなーと思ったので
石でガリガリ地面を掘ってみました。

・・・ん?来ないなー。

なんだろ、つまんなそうなのかな。

ちょっと別のところを掘ってみるか。

・・・と、私が最初の穴から離れて次の穴に向かうと
コタロー、やってきました!

ここほれワンワン?

そっか~!(^^)!

犬同士でも誰かが穴を掘った時
その犬が穴を離れると
他の犬が掘りだす、というのはよくあることで。

無理矢理割り込んだりは
しないものね。

コタローは私が「穴の所有権」を放棄するのを
ちゃんと待ってたんですね~。

楽しくなってもう一つ別の穴を掘りだすと
コタローも二番目の穴をチェック!

ほぢほぢ~

しばらく穴掘りを楽しんだところで
「行こっか?」って声をかけると
あっさり歩きだしました。

行こう行こう♪


毎回こううまくいくわけではないでしょうけど
でも平和的で楽しい注目のさせ方です(笑)。

「おいで」とか「来い」で
ちゃんと戻ってこないと困る時はあるのですけど
(エマージェンシーコールってやつです)
いつもいつもやってると
コタローの場合ですが
エマージェンシーじゃなくなって
勝手に今回は戻らなくてもいいとか
判断しちゃうようになるんですよ。

だからホントのホントの緊急時にしか
気合いの入った呼び戻しはできません(笑)。

それにそういう状況に至らないようにするのが
飼い主の務めでもあるので
緊急呼び出しはない方がいい。

ちなみに私は「来い」より「待って」で止めて
迎えに行く方が多いです。

何かあった時に
戻ってくるっていうのは理想ですが
やっぱり難易度高いので
まずは止めればなんとかなる!
現実路線でってことで。

日常のこっちに注目!は
この程度でいいんじゃないかなー。

楽しそうなことがあると
ちゃんと来るんですよね、犬って。

それはおやつかもしれないし
ボールかもしれないし
地面に掘った穴かもしれませんが(笑)。

そうそう、ニャンコもちゃんと
呼んだら来るようになるんですねー。

ケイトはいつも部屋のどこかに隠れてて
(というか隠れられるように
 クローゼットは隙間を開けてあります(笑))
ぱっと見どこにいるかわからないんですが
「ケイちゃーん?」って呼ぶと
「にゃっ!」って言いながら出てきます。

犬よりも猫の方が
危険警戒センサーは感度がいいので
不穏な空気で呼んだら
きっと出てこないだろうな(笑)。


★ケイトネタおまけあります★

にほんブログ村ランキングバナー
階段で寝そべる物体発見!

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪









--------
(●・ω・)ノ-おまけ
--------

三毛猫ケイちゃん
最近は日に何度も
「部屋から出て探検したいにゃっ!」と鳴くので
その都度出してやって探検してもらってます。

最初は2階エリアだけで
探検してはぴゅーっと部屋に戻っていたのですが
最近はだんだん大胆になってきてきました。

階段から下にいるコタローの様子を
伺っております(笑)。


コタローも階段から覗くケイトを
初めて見た時は
ビックリしてたようですが
だんだん慣れてきた模様。

昨日は仕事もあって
ずっと見張ってるわけにもいかず
まあケイトも
コタローがいるから降りてかないだろうと
思っていたら。

物音がして階段をみると
下から三段目にケイトがいて
コタローが下から一段目にいて
お互い鼻を合わせて挨拶してました。

「コタロー、いいこだね」って声をかけると
挨拶が終わったコタローは
すっとソファまで戻って行き
ケイトはそのまま下まで降りて
探検を続けました。

おお~、コタロー成長したわ(笑)。
徐々にですが
ちゃんとケイト相手に
引くようになってきた気がします。

私がいなくてもできるかどうかは
まだわからないんですけど
それができるようになったら
ケイトもフリーにできるかな。

で、おケイさんは
あそこに登りたいけど
足場がないわーと
私を呼びつけます(笑)。

そのたびに抱っこして
窓にのせてやったりしながら
1階をケイト仕様に模様替えが必要だなーと
思ってみたり。

キャットウォークがほしい!と言ってる
にゃん友の気持ちがよくわかる(笑)。