連日、原発の問題が報道されています。

政府や大手メディアはこぞって
「安全です」「大丈夫です」を繰り返します。

その一方で、様々な基準値が
暫定基準として大幅に上限が上がったり
とても「大丈夫」で「安全」が実感できるような
状態でないように思います。

こういう状況で、家族を守るために
何ができるか、何をすべきかを考えます。

コタローも、もちろん守りたい家族

今、原発では汚染された水をどう処理するか
最大の問題としてマスコミでも
さんざん取り上げられてますが
はっきり言って
そのことに一般市民ができることは
何もありません。

それは専門的な知識を持った方々に
任せるしかないことなので
この方法はどうだとかこうだとか
考えてみても仕方ありません。

今するべきことは、家族を守ること。
そのためになにをすればよいか、考えること。



自分たち家族さえよければいい、というのでは
もちろんありません。

ありませんが
自分の、家族の安全を確保しないと
他の人へ手を差し伸べることもできません。
不安定な人に助けられたいと思う人は
いないでしょうから。


今のところ、直接関係があるのは
空気と水、食べ物の汚染です。

政府の言うとおり「直ちに健康に影響がない」としても
私たちが日々被ばくしていることは事実です。

我が家には小学生の娘がいます。
乳児ではありませんし
身体はもうほとんど一人前です。
ですが、親としてできるだけ娘の被ばくを
防いでやる義務があります。

もちろん、限界があります。
普通に日常生活を送りながら
被ばくを完全に防ぐことは無理です。
それでもできるだけのことはしたほうがいいと思います。

考えすぎなんじゃないの、と言われても
した方がいいんです。
もし後でそんなにする必要がなかったわかっても
それはそれでいいんです。
後でする必要があったとわかるより
ずっとずっと被害は少ないですから。

コタローにしてもそう。


散歩に出ないなんてムリだけど
せめてやれることはやっておきたい。

マスクはしてやれないから
(たぶんしたところですぐに外してしまうだろうし)
できることといえば
雨の日はレインコートを着せて
できるだけ濡らさないとか
口から摂取するものを気をつけてやるとか。


今日からコタローの飲み水をペットボトルの水にしました。
コタ姉の飲み物はこれもペットボトルの麦茶とかにしてます。
できれば食事を作る時の水も
ペットボトルにしたいところです。

今までは全部が全部
ペットボトルの水でできるわけないから
あきらめてたんですけど
品不足も解消してきて
少しずつなら購入できるようになったし
できるだけコタ姉とコタローに
まわしてやろうと思います。

つくば市の水道水の放射性物質の検査結果は
3月28日付けの検査で
・放射性ヨウ素 8.2 ベクレル/kg
・放射性セシウム 不検出
(採取場所:つくば市役所)
となっています。
つくば市│つくば市上水道のお知らせ

これは政府が定めている「暫定基準値(ヨウ素131 300ベクレル(Bq/L)・セシウム137 200ベクレル(Bq/L) 」を
大幅に下回っている数字です。
※ベクレル/kg=Bq/L

が、しかし。

これは「暫定」として3月17日に定められたもので
それ以前は世界の基準値にのっとって
ヨウ素 I-131 10ベクレル(Bq/L) 
セシウムCs-137 10ベクレル(Bq/L )
だったんです。
世界の水道水放射線基準値

私は、原発事故が起きたからって
基準値を引き上げるのはおかしいと思っています。

だから少なくとも、コタ姉とコタローには
10ベクレル(Bq/L) という数字を守りたいと思います。

今のところつくば市の検査結果も
3月17日以前の基準値と比較してもクリアですが
気になるのが同じ水源(霞ヶ浦(西浦))の「土浦市」の値です。

採取日:3月29日
・放射性ヨウ素 14.9 ベクレル/kg
・放射性セシウム 1.06 ベクレル/kg

ヨウ素の値が、10ベクレル(Bq/L)を超えています。
同じ水源でなぜ検査結果が倍近く違うのかはわかりませんが
もしかするとつくば市も10ベクレル(Bq/L)を超えるかもしれないと
思っています。

悲観的にあおったりしようとしているわけではありませんし
エイプリル・フールでもありません。
パニックになっているわけでもありません。

ただただ
なんの事故も起きてない
平時の冷静な時に
専門家が考えて決めたに違いない
規制値を守りたいと思っているだけ、なんですよね。


★おまけあります★


にほんブログ村ランキングバナー
取り越し苦労ならそれがいちばんだと思う

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪









--------
(●・ω・)ノ-おまけ
--------

ちなみに参考にしてるのはこちら。
武田邦彦 (中部大学)

今までに環境問題(温暖化とか)では
テレビでもかなーりかなーり極端なというか
異端な発言をされている方ですが
今回の原発問題に関しては
今テレビで「安全です」「大丈夫です」と言っている
他の専門家よりは信じられると思います。

言ってることが事故前と事故後でもぶれてないこと。
国民に向いた目線で意見を述べていること。

この辺りがポイントかな(^_^;)

何を信じるかは
個人の判断だと思います。

ちなみに東京電力が強力なスポンサーである
関東系のメディアではまず放送されないような
内容の番組があります。
上記の教授が出演。

興味のある方はどうぞ↓


YouTube – 【720p】増刊!たかじんのそこまで言って委員会 武田邦彦 原発の正体 1/2


YouTube – 【720p】増刊!たかじんのそこまで言って委員会 武田邦彦 原発の正体 2/2


YouTube – たかじんのそこまで言って委員会 大震災、知っておくべきこと原発編1/2


YouTube – たかじんのそこまで言って委員会 大震災、知っておくべきこと原発編2/2