呼び戻し絶賛キャンペーン中のコタローです。



呼び戻しの成功率は非常に良いです。
なぜなら。

失敗しそうな時には呼び戻してないから。

絶対に来る!というところから始まって
最近ようやく
「拾い食い」だの「人に警戒」だのいう
シチュエーションでも
呼び戻しができるときが増えました。

呼び戻しを始めるにあたって
実は私のある癖が問題でして。

それは「戻ってきたら撫でる」ってこと。

これは後天的な癖で
呼び戻した後におやつ+撫でることで
そのうちおやつなしで「撫でる」=「ご褒美」になる、
というようなことを
指導していただいた経緯がありまして。

ま、これは結局功を奏さなかった(と思う)のですけど
その癖だけが残っちゃってて。

新たに呼び戻しを仕切りなおしてから
(ご参考:「3メートルリード講習会」に行ってきました | 柴犬コタロー日記
この癖に気がつきました。

無意識にやっちゃってるんですよねぇ~(汗)。


コタローの場合
「なでる」=「ご褒美」とはならないんです。

なでられることに
そんなに喜びや意義を見出してないタイプ。

わざわざ自ら「なでて~♪」と来ることはまずないです。

そばにいるときに
こうやって「なでて」というか
「なでろ」なときもありますが。



撫でられたくないときに家族が撫でてきても
「ま、いっか」で受け入れるときもあれば
「今はやだ~」ってやんわりとお断りになる時もあります。

我が家ではなでられるタイミングは
コタローが決めております(笑)。

今はなでてもらいたいのぉ~

こんなふうなので
呼び戻しのご褒美という意味では
機能しないと思われます。

呼び戻しておいてなでるっていうのは
コタローにとって
めんどくさいことがひとつ増えることになる
可能性の方が高い。

「なでられたくないから戻らない」と思うほど
嫌がってるとは思いませんが
「なんか行くといちいちめんどくさいから戻らない」とかは
思いそう(^_^;)

呼び戻しに関しては
とにかく戻りたくない要因を少しでも減らしたいので
飼い主の「なでる癖」を治しました~。

ちなみにコタロー以外でも
なでられることがいやな犬って
わりといるらしいですよ~(^_^;)
ご参考:わかっていてもできないこと:ドッグウォーカー博士のスローライフ


というわけ(?)で
次回は「呼び戻しのなくて七癖【コタローVer】」につづく。

にほんブログ村ランキングバナー
←これは「なでろ」って
言ってるんじゃなくてダダコネ中。

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪