天気がいい日の朝散歩は、コタローの顔が白飛びする・・・。


まあね、デジカメの設定も悪いのかもしれないんですけど
ピントも合ってないかもだけど(←致命的)
コタローの顔がヤケに白いものだから
光がありすぎると白く飛んじゃうんですよね~。


こういうときどうやって写真とったらいいの?
なんてコタパパに聞いてもいいんですけどね
(コタパパは仕事でカメラを使うヒトなので)
・・・めんどくさいから聞かない(笑)。


そう、我が家の取り扱い要注意な男とは
コタパパなのであった。


原則なんでも大雑把にできてるくせに
こだわるところにエライこだわる。
カメラもそのひとつ。

ちょっとつついたらやれ
カメラがダメだ
レンズが悪いだ
カメラマンの腕が悪いだ
藪から蛇が大群で出てきそうなのでやめとく(笑)。

寒いけど意気揚々♪


そんな要注意男が
コタローにおやつやったりするときは
たいへん危険です。

朝食にアップルパイを食べていて
コタローが欲しそうにどまん前にオスワリ。

そんな時もちろん私は「やらないでよ~(ーー;)」と
地の底から出した声で注意しますが
我が家の要注意男は

「あっ♪パイの皮落としちゃった♪」

などとあからさまな事故を演出したりします。

ちょっとこたさん、こっち来て


コタローが嬉しがる様子が見たいだけなので
人間のタベモノがどうのこうのとか
おやつの品質なんてぜんぜん関係ありません。


なんかこたさん、気が付かない?

そんな状態なので人目がない夜中の晩酌時は
何をやってるかわかったものじゃありません。

いやきっと
サラミのはじっこくらいはもらってるかもしれません。

対抗策としてコタパパがおやつをあげることを前提に
コタローのごはんも少なくしてみたりしてます。


なんか口から出てますが・・・気が付いてませんね?


かといってあまり厳しく注意すると
隠れてなにするかわかったもんじゃないので
そこそこ見逃してたりします。

それこそ全部禁止!にしておくと
パイ皮やサラミのはしっこだけじゃなくて
何をやるかわかったもんじゃないので
いつでもあげられるように
テーブルの上には密閉容器に入れた
サンプルドライフードを入れておきます。

もちろんあげるときは「あげすぎないでよ~」の
注意はかかせません。

そんな要注意男と、犬のおやつが置いてあるお店なんかに行くと大変です。

まあ面白いからいいや(いいの?)ほっとこー
さあ気にしないで歩きたまえ

世の中、そんなに無添加・無着色の安全おやつがあるわけでもなく
パッケージの派手さで
品質的にはかなりヤバそうなおやつを
「あ~♪これコタ喜びそう!」
なんていって買いたがります。

それを何とか少しでも安全そうなおやつに誘導するのが
たいへんです。

コタパパも文句を言う私をめんどくさいと思ってるでしょうが
私もめんどくさいわ!


そんなコタパパの理想のおやつは
コタローにあげたら
コタローがこっそり二階に持って上がって
じっくりひっそり確認しながら食べるおやつ(笑)。

珍しかったりするおやつは
こんな感じでヒトのいない二階に持ってあがって
食べたりするので↓これが目標らしいです。

YouTube – 柴犬 おやつをくわえて階段を上がる

いそいそと持っていく姿にモエるらしい。


ちなみにコタパパが飲み会で夜中の晩酌がないと
コタローがちゃんと痩せます。

・・・なに食わせとんのじゃ。

にほんブログ村ランキングバナー
こどもよりタチが悪い

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪