お散歩トレーニングの後
合流したワン友、コーギーのきらりちゃん&さらさちゃん
トレーニングに参加したボンボン、ごろーちゃんと
さらに公園内を回りました。

帰宅後のコタロー、カーテンの向こうで行き倒れる

ごろーちゃんは疲れてベンチ探してましたけど(笑)。

で、公園の休憩所エリアで
お散歩中の方がいらっしゃいまして。

以前、つくばお散歩会のときもお会いした
セントバーナードです。

穏やかなメスのシニア犬なのですが
実はコタローが過剰に反応してしまいました(汗)。

まず「ワフッ ・・・ ワフッ ・・・」の警戒吠え。

この時点では抑えられると思ったのですが
セントバーナードが動いて茂みがガサガサとなったとき
さらさちゃんがそれに反応して「ワンワン!」

たぶんさらさちゃんからは
セントバーナードは見えなかったので
木が動いた!でビックリしての吠えだと思います。


カーテンをめくってみると・・・いた!


最初はちょっと警戒だったのが
さらさちゃんの吠えで
これは絶対に怪しいんだ!危ないんだ!と
確信を持ってしまったらしく
コタローはそこで一気に警戒MAX!
「ウォォォォーン!」と遠吠えの吠えが出ちゃいました(ーー;)

こうなるとなかなか
吠えやめさせることはできません。

コタローが犬に対してこんな過剰に反応するのは
滅多にないことで・・・
いやいや、犬に対しては初めてかも~。


おそらくですが
先日のドッグランで超大型犬に追いかけられたことから
このサイズの犬に対して反応するようになったのかも?



まだ寝る~


ほんとはコタローの警戒吠え「ワフ」が出る前に
コタローが緊張してるみたいなので
挨拶させてもらおうかと思ったのです。

相手が穏やかで追いかけたりすることはない犬だとわかれば
安心するんじゃないかと思ったもので。

でもね~、躊躇しちゃったんですよね(^_^;)


というのは、相手はシニア犬で
ちょっとこの夏は体調が優れなかったようなことも
聞いたような気がしたもので
せっかくくつろいでお散歩されているのに
「うちの犬が落ち着かないので挨拶させてくれ」っていうのは
申し訳ないような気がして。

まあ結果的には
コタローは更なる警戒吠えに発展して
さらに相手のお散歩を落ち着かなくさせてしまったのですけど。



でもしっかりご飯食べて夜はガン寝(笑)


いや~、ほんと申し訳なかったです。
ちなみにコタロー以外のワンコはみんな
落ち着いてました(笑)


昨日のトレーニングでチャーリーママさんが
「社会化は犬生一生続けていくもの」だとおっしゃってましたが
その通りです。

「6ヶ月までしっかり社会化したからもう大丈夫」
とは言えないのが社会化で。

いやむしろ成犬になってからのほうが
社会化を意識していかないと
いけないのかもしれません。

というはコタローのパピー時代を考えても
わりと何を見ても動じなかったし
きっと恐怖心や警戒心よりなにより
好奇心が勝っていたのでしょう。

それに仮に吠えたり逃げたりするようなことがあっても
小さいから周りの人も犬も
「大目に見てあげる」って感じで楽でした。


でも成犬になるとそうはいかなくなります。


警戒心はずっと強くなるし
体だって吠え声だって大きくなるし
苦手なものも出てきたりします。

それを克服するのに
パピーより時間がかかるし
手間はかかるしたいへんです。

だからといって避けていたら
気がつくと社会性がなくなってました
なんてことになりかねない(^_^;)

「子犬の頃は平気だったのに」
ってやつですね。


というわけで、コタローも超大型犬に社会化しなくちゃ!

ってどこで会おうかしら???
なかなか会えないのが難しいですね~。


もうこうなったら子牛とか子馬相手に社会化するしかないかしら。
サイズ的にはそっちのほうが近いかも(笑)



さてさて今朝のお散歩では
1時間程度てくてく歩いたお散歩となりました。
まあいつもどおりといえばいつもどおり。

ただ、公園の自治会館で休憩はしなかったな~

と思ったら。

コタローも「休憩するの忘れた」と思ったんだかなんだか
家についたら中には入りませんと言い出す始末。

ここにいます


さっきはワン友と自ら別れて家路についたくせに
なんで庭先で休憩してるのかしら(汗)

あっ!もしかして!

光合成してるとか?

草食系ならぬ植物系男子



にほんブログ村ランキングバナー
もしくは太陽電池充電中?
ぼけっとした休憩も必要なコタローでした

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪