一家のご主人は仕事が忙しく週1、2回家に帰るかどうか。
主婦は長期病気療養中でずっと入院中。
娘はおばの家に預けられている状態。

こんな家に、犬がやってきたら・・・?

日常世話をしてくれる主婦も子供もおらず
週1回帰る一家の主が
1週間分のフードを山盛り皿に盛って
1週間分の水を給水器に入れる。

ケージの中しか知らないその犬は
誰もいない家の1週間、
山盛りのフードと給水器の水で過ごす。


・・・1才のオスのチワワの話です。

知り合いの家に、預けられた犬です。

半年前にも預けられました。
その時は人に怯え
四六時中マウンティングと尻尾を追いかける常同行動。
それを自分の家の犬と同じように接し
生まれてはじめてのシャンプーもし
犬同士の交流もさせ
でも。
預かり期間が過ぎたらまた飼い主の下へ。

今回預けに来た時は
飼い主の腕を振り切って
預かり主さんの腕の中に走ってきました。
ほとんど顔を見ることない娘さんや
週に1度ごはんを置いて行くご主人の下から
彼の犬生の中でたった1週間
でもたぶんいちばん愛情を受けた1週間
世話をしてくれた預かり主さんの下へ走ってきました。

元の飼い主さんは「煮るなり焼くなり好きにして」と言ってます。

おそらくは母親が入院中で寂しいであろう娘のために
ペットショップから買ってきた子犬です。

今回、チワワくんがいつもいるケージも給水器も
一緒にやってきました。

ケージの柵は超小型犬がここまでかじれるのかと
思うくらいかじられていました。
給水器は、ノズルの先にあるボールが降りてこなくなるくらい
変形するまでかじられていました。

水がなくなって給水器をかじってもかじっても
出ないときもあったかもしれません。

今でもフードをほとんど食べないその犬は
1週間置き去りにされたフードを食べて
お腹を痛くしたときがあったのかもしれません。

そんな時、どんなにケージの外に出たいと思っても
出ることは決してかないませんでした。

お散歩どころか日光にほとんど当たったことがありません。
肉球はぷにぷにのままです。
背骨は猫背に曲がっています。
毛並みはぼさぼさです。
自分で舐めて舐めて過ごしたのか
足の指の毛は真っ赤です。

それでも。

彼は人間を恨んでいません。

ほとんど初対面の私にも
尻尾をフリフリ
小さい身体で精一杯飛びつき
私の手を舐め
体中で愛情表現をするのです。

そして
預かり主さんの家の犬が
私に挨拶するときは
一歩引いてじっと待ってます。

どうしてこんな愛らしい子が
「いなくなっても構わない」と
言われなくてはならないのでしょうね。

飼い主さんにも言い分はあるでしょう。

一家の主婦が寝たきり状態で入院では
一般的な家庭生活は送れないでしょう。
自分の子も人に預けっぱなしなのに
犬の面倒まで見られるか!ということもあるかもしれません。
でも。
その状態で犬を連れて来たのは
ほかならぬご主人なのですよ。

もしかして。

ショップの店員は「散歩なんて要りません」って言ったのかもしれません。
「娘さんのいい遊び相手になりますよ」って言ったのかもしれません。


だけどだけど。

そんな小さい犬に、いったい何を求めて連れて来たのだろう。
人の力をなくしては生きられないような子犬に
いったいどんな過剰な期待をかけていたのだろう。
何をしてもらおうと思っていたのだろう。


どうして安らかに側で寝てくれることが
すばらしいことなのだと思わなかったのだろう。



どうしてその安堵の寝顔こそが
犬が家族に与えてくれるごほうびだと
気づかなかったのだろう。



そんな風に
犬が安心してくれるまで
大切に育ててあげられなかったのだろう。


面倒を見れない状況で
何かにすがるように子犬を買った飼い主が悪いのか
そんな飼い主に
ホイホイと売りつけたペットショップが悪いのか。

チワワくんは
落ち着いたらほんとの飼い主さん探しをする予定です。
今度こそ
側で安心して過ごせる飼い主さんを。

にほんブログ村ランキングバナー
何かをして欲しいと思うのは欲望
何かをしてやりたいと思うのが愛情

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪