さて今日は 飼い主の引っ張り癖 でお困りの
全国のワンコさんのために
コタロー特別講座 開講です!


講座のスケジュールは以下の通りです

・5分  講義
・30分 休憩
・5分  質疑応答


え?講義が短い割に休憩が長い?

すみませんね~
講師のコタローせんせいの集中力は 5分 が限度ですので。


では、コタローせんせい、お願いいたします・・・


コ:はい、ではみなさーん
  みなさんは リードの引っ張り癖がある飼い主にお悩みですね?

  飼い主がお散歩中にリードを引っ張りまわす。
  そんな時どうされますか?

  ハイ、ではそこの茶色い立ち耳のあなた。
  ・・・そうですか、あなたも引っ張り返すんですね。
  でもそうすると飼い主もまた引っ張り返すと。
  そうですね、飼い主っていうのは引っ張ると引っ張り返す
  やっかいなシロモノですね。

  では私の方法を伝授いたしましょう。

  飼い主が引っ張ったときは・・・

コ:ぴたっと止まる!


コ:ここでポイントです。

  引っ張り返してはいけません。
  木のように岩のように、しっかりと腰をすえて止まりましょう。

  ではせんせいの集中力が切れてきたので
  ここで30分の休憩に入ります。

  おやつは食べてもいいですが
  となりのワンコさんとケンカにならないように
  こっそり食べて下さいね。
  では。

  ・・・・・・・・

コ:さあ休憩が終わりましたので
  質疑応答に入らせていただきます。

  あ、そこの白いしっぽのあなた。
  休憩中に草を食べましたね?
  口からはみ出てますよ。
  ちゃんと飲み込むか吐き出すかしてくださいね。

  ではご質問のあるワンコさん・・・

  ハイ、そこの茶色いブチのあるあなた。

  え?こちらが止まってるのにさらに引っ張る飼い主がいる?
  全然止まらない?それは困りましたね。

  そういう場合は、奥の手を使います。
  では実践してみましょう。

  まずぴたっと止まる。これが基本形です。


コ:そして次!これが重要です。
  試験に出るかもしれません。
  しっかりノートに書いておくように。

  静かな気持ちで見つめる

  そうです、ここがアイコンタクトの使いどころです。

  決して怒ってはいけませんよ。
  怒るしつけは飼い主のためによくありませんから
  怒らず騒がず、そっと優しいまなざしで見つめてあげましょう。  

  
コ:ここで小首をかしげるとさらに効果的です。

  怒らず騒がず、そっと優しいまなざしで見つめてあげましょう。  
  これで飼い主のハートをわしづかみです。

  飼い主の引っ張り癖は一朝一夕では治りません。
  長い目で見てあげましょうね。

  ええ、実はせんせいのうちでもまだまだ矯正中なんですよ。


コ:ではお帰りの際にはそのタッパーの中に
  受講料として持参したおやつを一口分
  入れてって下さいね~

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
次回は「飼い主にツケを教えるには?」講座だそうです
開催日は「コタせんせいの滅多に出ないやる気が出たとき」
のため未定です
←ポチっとクリックしていただければ励みになります