遅まきながら、呼び戻し(おいで、コイ、リコール)のトレーニングを始めました。

友達ワンコと追いかけっこをしてしまうと、いつ公園の外に飛び出してしまうかわからないコタローです。

ロングリードはつけているものの、リードだって切れたり離れることもあるし。

他の飼い主さんが絡まって怪我をさせそうな場面では、あえてリードを離したりもします。

すぐに拾うつもりですが、その一瞬でどこかに行ってしまうかもしれません。



で、具体的にどうしよう???

一度専門家の意見を聞いてみたいなぁ~。



そこで、パピーパーティでお世話になったPUPSさんへ、しつけ相談をしてみました。

PUPS-子犬の社会化促進プロジェクト委員会-全国各地で無料パピーパーティー開催



無料会員登録で「登録から3ヶ月間、仔犬に関する悩みを家庭犬インストラクターに、直接メールで相談できます」。

実は利用するのは初めて(^_^;)



相談した内容は

  • オンリードで他に誘惑がなければかなりの確率で呼び戻せる
  • オフリードでは逃げたりしないが、おいでに反応しないことも多い
  • 他犬と追いかけっこが始まったりするとまったくダメ
  • ボールやトリーツで呼んでも気が向かないと来ない
  • 「おいで」の前に、「スワレ」「フセ」「マテ」などを完璧にできておく必要はあるのか


それに対する回答です(抜粋)

個人的には、仔犬に何よりも真っ先に教えるべきなのが「おいで」だと思います。



まず、呼び戻しトレーニングでは、どんな誘惑があっても確実に「おいで」で戻ってくるようになるまでリードを離さない、が大前提です。



呼び戻し練習中は、呼び戻しできないだろうと予想される状況では「おいで」と言わないほうがよいでしょう。



呼び戻しでは、コタロー君が別の事をしていても「おいで」と言われたら戻ってくることが理想です。



【具体的な方法】

ロングリードをつけて、ある程度自由にさせておく。(注:誘惑がない場所を選ぶ)

「おいで」と言って、犬に背を向けて小走りに遠ざかる。(犬は逃げるものを追いかける習性があるので、それを利用して)

手元まで来たらよくほめてゴホウビをひとつ与える。その後、また自由にする。

10数えるくらい時間をおいて、また「おいで」で小走りに逃げる。

手元へきたらほめてゴホウビ。その後自由する。

これを10~20回繰り返すと、犬は自由にされている時間も、「また呼ばれるかな?」と、こちらを意識しながら遊ぶようになる。

「おいで」の声にパッと反応するようになったら、少しだけ誘惑を入れる。

誘惑は、100%犬の意識がそこへ向いてしまうような刺激の強いものではなく、ちょっと気になるけど、ゴホウビより魅力は低い、というものを使う。

例えば、おもちゃを転がしておいて、それの臭いをかいでいる時に「おいで」と呼ぶ。

「おいで」に反応しなかった時はリードで誘導して手元へ呼ぶ。(ぐいっと強く引かない。リードをたぐるように誘導する)

そして手元へ来たらよくほめる。

二回やっても「おいで」に反応しない場合、誘惑が強すぎるため、もうワンランク低い刺激の誘惑にする。

少しずつ誘惑の刺激をあげ、最終的には犬と遊んでいる時に「おいで」と言っても反応するように条件反射をつけていく。



で、朝夕のお散歩で実践しています。



ロングリードで放牧。

f:id:maki-mama:20090705144235j:image:w300



「おいで~」

f:id:maki-mama:20090705144236j:image:w300



で、ごほうび。

f:id:maki-mama:20090705144237j:image:w300



たまに近くに来すぎ(^_^;)

f:id:maki-mama:20090705144238j:image:w300

飽きちゃったのかな~



そしてまた新たな疑問。

「『おいで』と言って、犬に背を向けて小走りに遠ざかる。」で引っかかっています(-_-;)

え?何でそんなトコで?って思われるかも・・・。



私が走り出すと、コタロー思いっきり観察モードです。

走り去る私を、じぃ~っと見てる。見てる。見てる。



・・・追いかけてこない

一度はロングリードはなして走り去って物陰に隠れてみた(ヨイコは真似しないでね!)。



こちらが見えないはずなのに、コタローまだ見てる。

しばらくして、トコトコ歩いて、また止まる。見てる。見てる。見てる。



・・・すみません、私、待ちきれずに出てきてしまいました。



で、出てきたら「わぁ~~~~っい」って駆け寄ってきたかと思います?

いいえ!

出てきた私を、今度はオスワリして観察してました。





なので今は後ろ向きに歩きながら「おいで」で来ます。

走ってきませんよ~、トコトコです。

歩いてこない時は、立ち止まってすわると来たりします。



・・・なんかセオリーと違うんですけど!(涙)





この「走ったら追いかけてくる」のが出来ないのは、私の走りが遅いから?もっとマッハで走る?

でも見てるんだよね~(-_-;)

もしかして子犬の頃から、常に落ち着かせることを念頭において育ててきた影響かと思ってみたり。



「走ったら追いかけてくる」っていうのは、ある種の興奮がある状態かなぁと思います。

楽しそう!って追いかけてくるのかなあ、と。

飼い主と追いかけっこをする感覚?



コタローがまだ2ヶ月3ヶ月のパピーの頃、ご他聞に漏れず甘噛み大王だったわけです。

走り回るしズボンのすそも引っ張りまくるし、手にも脚にも髪の毛にも跳びかかってくる。

で、おもちゃで引っ張りっこする時も、5秒から10秒に1回は離させてオスワリ・マテをさせてから再開したり、とにかく興奮しすぎないように育てました。



お散歩デビューしてからも、犬を見ると喜んで飛んで行くので、オスワリをさせて、相手が近づいてきたら挨拶してもよし。

もし相手が避けたら、それを見送らせる。



そんな育て方が功を奏してか、興奮しすぎることがないようなワンコに育ちました。

が、一方で私と遊んでも大はしゃぎしません(-_-;)

今では引っ張りっこしても、離させる必要がないくらい冷静に引っ張りっこしてます。



トレーニングっていうのは、もっとはしゃいで楽しくやらないと、乗り越えられない壁なのかしら・・・。







***おまけ***

誰もいない公園

おいでトレーニングもボール遊びも終わって

ちょっと二人でクールダウン

f:id:maki-mama:20090705144232j:image:w300

もう月が出てきちゃったね









にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

まずはあなたとの指示ゲームが大好き!になるような、楽しいトレーニングをおこなって、「早くなにか指示出して!」と犬が心待ちにするように育てていきましょう。(by メール相談)



・・・そうだよねぇ・・・

←ポチっとクリックしていただければ励みになります