まだケイトもにゃんごろーもいなくて
コタローだけだったとき
「多頭飼い」ってお世話の手間も大変だけど
もしかして平等に愛情を注げないんじゃないか
だから私には多頭飼いって無理なんじゃないかって
思ってたときがありました。

おっとこたさん、何かご不満なご様子

猫好きのコタパパの場合は言うまでもなく
子供は新しいものに流れやすいので
もし猫なんて飼ったりしたら
コタパパやコタ姉が今コタローに注いでる愛情が
そっちに流れちゃって
コタローがないがしろにされるんじゃないかって心配で
それが本音で猫飼うのは反対と思ってたりしました。

ちなみに私はその逆で
コタローほど後から来たコを愛せないんじゃないかと
思ってたりしました。


ソファににゃんごろーがいるからコタローは乗れないんですよね
ケイトとなら一緒にソファで乗れてもにゃんごろーと一緒は嫌なこたさんです

実際に犬猫多頭飼いしてみると
愛情ってそんな簡単に偏ったりしないもんなんだなと
感心したり安心したり。

1頭にかける手間や時間は
確かに少なくなりがちなのは
認めざるを得ませんが(^_^;)
愛情って二頭飼いだから割る2
三頭飼いだから割る3なんて
そんな簡単な算数では
成り立たないものなんですね。


ちなみにケイトは私の膝の上だったりする♪

多頭飼いになったからって
一日のうち犬猫にかけられる時間は
どんなにやりくりしたところで
限界があるんですけど
でも愛情ってね・・・

増えるのね(笑)。

ケイトにかける愛情は
別にコタローのところから持ってきた愛情なんじゃなくて
新し生まれてくるものなので
ケイトに愛情を感じたからって
コタローへの愛情が減るわけじゃない。

おもしろいなぁ。


でも、気をつけてないと
確かに手をかけてやる時間は
減ってしまうものなんですよね。

一日は24時間しかないし
そのうち犬猫にかけてやれる時間ってのも
おのずから決まってくるものだし。

だから、1頭1頭にかけてやれる時間に
思いっきり えこひいき しちゃうのです。

3頭、平等に同じ時間を過ごすのではなくて
1頭1頭、別に時間を設けて
その時はその1頭だけを
べったべたにえこひいきします。


コタロー相手だと散歩のときだったり
お出かけのときだったり
コタロー「だけ」の時間は
コタローだけ集中!

こんな顔見せてくれるのは飼い主冥利に尽きますな


同じようにケイトだけに集中する時間とか
にゃんごろーだけに集中する時間とか
あえて三頭一緒にしない時間をつくってみたりします。

1対1のときは「お前だけだよ~お前が一番好きだよ~」って
ウソでも何でも(笑)そんな気持ちで。

私は三人兄弟だったんですけど
やっぱりそうやって母と一対一で過ごす時間ってあって
その時の母は
「おまえがいちばんかわいいよ」
って言ってました。

かわいげなかった私は
「でもおにいちゃんにもおねえちゃんにも
そうやって言ってるんでしょ」
って言ってましたけど
そしてそれが真実でないことも知ってましたけど
でも実はやっぱり嬉しかったなぁ(笑)

母も笑いながら「おまえがいちばんすきだよ」って言ってたっけ。


三頭並べて(って別にわざわざならべたわけじゃないけど)
順番におやつあげるときもあります。

そういう時は平等にって思ったりしますけど
でも一対一の「えこひいき」の時間って
やっぱり大切なんじゃないかなーって
思ったりしてます。


うちは犬の多頭飼いではないので
散歩を別々に!なんてことはしないですむのですけど
そういう意味ではやっぱり
1頭ずつの散歩って必要なんでしょうね。

犬にとって散歩ってすごーくすごーく
大切な時間だったりしますもんね。

猫ならそうだな~
「遊び」の時間かな?

一緒に遊ぶとどうしても「押し」の強い猫とばっかり
遊ぶようになっちゃうんですよね。

ケイトとにゃんごろーだと
ケイトがにゃんごろーに譲っちゃうんですよ(^_^;)

犬の散歩だと「押し」の強い犬のいうルートばっかり
行ってしまうってことかしら。

だからこっそりケイトとだけ遊んだりね。
にゃんごろー締め出したり(笑)ね。


みんな同じに大切にしたいから
だからこその「えこひいき」っていうのも
あったりします。


★おまけあります★



にほんブログ村ランキングバナー
ごはんもおもちゃも譲るケイトが
唯一ゆずらないハンモック♪

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪









--------
(●・ω・)ノ-おまけ
--------

コタローもケイトも珍しくどちらも
私のベッドに来なかったある日の早朝。

ふたりともどうしたのかな?って思いながら
一階のリビングに下りてみると・・・


すごく見づらい画像ですみません(汗)
真っ暗な中、思わず撮った写真を
無理やり明るく画像処理してみました。


いつものようにソファで寝てるコタローに
ケイトがぴったり寄り添って寝てました。


こんなにくっついてるのは初めて見て
何気に\(◎o◎)/!びっくり!

ケイトがくっつくのはなんとなくありそうな気がしますが
それをコタローが逃げずにくっつかせてるなんて。

あまりに自然な感じで思わず見入ってしまったんですが
気配に二頭が気がついちゃって
結局ケイトが「ママ~♪」って私によってきちゃって
離れちゃったんです。

もったいないから(笑)
その後は私も一緒になって
さんにんで二度寝しました。