コタローのブラッシング中は
締め出されたケイトさん。
イチ対イチの時間 | 柴犬コタロー日記


優雅にブラッシングぅ~


ドアの向こうでニャーニャー鳴きます(^_^;)



ケイちゃん、ごめんねー。
コタローがゆっくりブラッシングしたいっていうからさぁ・・・。

昨日よりは早く鳴きやんだケイトさん。

しばらくすると「たん!たん!ガツ!ガツ!」って
音がドアの向こうから聞こえます。

どうやらケイトがドアを開けようと
ジャンプ?突進?してるらしい・・・。

ま、ケイトの体重では
まず開かないだろうからとほっといたら
ガチャ!ってドアが開いてケイトが出てきました。

これにはコタローも\(◎o◎)/!びっくり。

・・・きっと、きっと
ドアが中途半端に開いてたのよね???
まさかケイトが開けたんじゃないのよね???

不安な飼い主であった・・・。


ところでコタローは
このリビングから玄関に続くドアを
生後6ヶ月の頃から開けます(汗)。
特に教えたわけでもないのに。
っていうかこんなこと覚えんでも良いのに~。

お茶わんこさいさいですよー

こんな感じ。

ドアを開ける柴犬 – YouTube

改めて見ると、開け方も
以前のようにガムシャラじゃなくて
冷静にチョイっと力をかけずに開けてるところに
成長が見られるわぁ~、などと
感心してしまった。

動画ではおやつを置いてますが
そんなことしなくても
玄関に行きたかったら勝手にあけて行ってしまいます(大汗)。
外に出たくて開けるわけではなく
気温が高いときに玄関タイルでヒンヤリ
お昼寝をするためなのですが。

お客様が玄関に来て話してたりすると
ちょっと開けて見に来たりします。

特に知り合いの場合は
ほんとにちょっと「見に来る」だけ
すぐに引っ込んでいきます。
挨拶もナシで(^_^;)。

知らない人だと
ちょっとニオイを嗅ぎに来たりもしますが
そのときは私のほうが止めるので
これまたさっさと引っ込んでいきます。


ドアの開く方向が玄関に向かってではなくて
リビング側に開くようになってたら
良かったんですが
まさか家を建てるときにこんなことになるとは
予想もつかなかったものですからねぇ。


け、ケイトまでマスターしたらどうしよう(汗)。

この手のドアは
ニャンコがジャンプしてぶら下がったら
開いちゃうだろうなぁ。


重度の横隔膜ヘルニア(完治しました)を
患っていたにも関わらず
わりと普通に生活していて
獣医さんもびっくりのケイト。

基礎体力というか
そういうのが並みの猫よりよさげですので
実はジャンプもかなりお手の物
みたいなんですよね。


お願いだから開けないでね~(汗)


にほんブログ村ランキングバナー
コタローの開け方を見て
マスターしそうで怖い。

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪