今日はケイトの退院後の初検診。

コタローのインターフェロン(6回目)も
1日早いですがついでに終わらせて来ました。

ケイトの回復はすこぶる順調♪
今朝2時には
術後初のウンチも立派(笑)に出ました。

聴診器で聞く肺の音は
まだちょっと気になる点があるものの
それも徐々に改善されていくものと思われます。

何しろまだ普通の肺になって
1週間経ってないんですもんね(^_^;)

レントゲンでは
肝臓の肥大も見られず
あえて血液検査の必要もなし。

心臓の大きさも正常で
気管支もキレイ
いびつだった横隔膜も
だんだんフラットになってきていました。

先にコタローのインターフェロンを済ませ
ケイトの診察が始まると
もう自分は関係ないと悟って
ケイトが診察台でひっくり返されようが
新しいサポーター服を着させられようが
一向にお構いなしの柴犬。
診察室で寝るコなんて初めて!とビックリされました(笑)

「我関せず」を犬で表現するとコタローになる


ケイトが傷口を舐めないための
サポーター服(かってに命名)ですが
これ人間用の腕の包帯なんですって。

それを切ったり結んだりして
サポーター服にしています。

なんでも動物専用のものって少ないので
人間用を工夫して使うそうです。

で、このサポーター服
首輪とつなげてずれ防止をするので
そのために首輪を購入しました。

ちらりと見える赤い首輪♪

こちらで水玉タイプを購入しました。


犬の首輪なら「外れない」「丈夫」とかいう言葉が
説明にあるものですが
猫の場合は「外れる」のがポイントなんですよね(笑)。

高いところにのぼったりする猫は
首輪が引っかかると首吊り状態になってしまうので
荷重がかかると外れるようになっているほうが
安全なのです。

で、こちらのお店のコンセプト
「あえて『鈴』も基本的に「なし」の首輪」に
賛同している次第です(*^_^*)
鈴なし首輪:やさしい首輪

聴覚が優れた猫のために
少しでも負担を軽くしよう
ストレスを軽減しようというコンセプト。

「猫に鈴をつける」って言葉があるくらい
猫って鈴でもつけてないと
動いてもぜんぜん音がしないんです。

猫本人が姿を出す気にならないと
どこにいるんだかわかりません。

だから飼い主としては
場所を確認するために
「猫に鈴」を付けたいんだと思いますが・・・。

こちらのサイトでも書かれているように
目が不自由であるとか
飼い主さんに特段の事情がある場合は別として
飼い主の便利さだけで
猫にストレスをかけるのはどうかなぁと思うわけです。


たまに「鈴」をつけてる犬を
見ることもあります。

犬の場合はそれこそ実用的な意味は薄く
アクセサリーとしてかわいいからという理由が
多いと思われます。

犬だって猫と同じく
うるさく感じるだろうなぁと思ってしまいます。

そういうストレスはできるだけ
避けてやったほうが
わんこにゃんこも精神的に安定するのではなかろうか。

ストレスはゼロにすることはできませんし
いい意味でのストレスがまったくない状態も
退屈かもしれませんが
避けることができる悪いストレスは
できるだけ避けてやるのが
飼い主としての義務かなぁと。


コタローなんかだと
基本的に室内フリーでないと
ストレスたまりそう・・・。

自由だからこそいたずらもしないのです(^_^;)


ちなみにケイトさんは
ただいま静養中のため
ケージ生活でストレス満載でーす(汗)。

それでもできるだけストレスを軽減させるべく
万が一服が脱げたときのための
エリザベスカラーも透明なものを
病院で貸していただけました。

ブルーのカラーは見えないから余計ストレスかかります

テントもどきベッドは
ケイトが上に乗ったりするので
今日からはハンモック装着。

・・・でも危ないから地べたにくっついた
ゆれないハンモック(笑)。

犬ならある程度飛んだり跳ねたり走ったりは
制御できるんですが
猫は普通に上下に移動することもあって
ケージに入れないと安静にできないのです(涙)。

皮膚の傷は2週間くらいで落ち着くのですが
内部の横隔膜等の筋肉を縫った傷は
完全に定着するのに時間がかかるので
術後3週間は安静にと言われてしまいました。

後2週間はケージ生活です(^_^;)


退院初日は興奮してることもあって
夜はほとんど寝ず
昨日あたりから少しずつ落ち着いてきていますが
出してと鳴かれても
完全に自由に出すわけには行かないので
ケージから出すときは
抱っこして出したり
ベッドから降りないように出したり
目も手も離せない状態です。

それでも出すと鳴かなくなるので
夜鳴きには入れたり出したり抱っこしたりと
寝不足な飼い主です(-_-;)

でも具合悪くてぐったりしておとなしいより
元気すぎて夜鳴きに困るくらいのほうが
嬉しいですよね(^_^;)って強がり(笑)。

ちなみにコタローは
私のベッドでは寝ずに
ひとりでリビングのソファで
悠々と寝てらっしゃいます。
・・・ケイトがうるさいから逃げたわね(笑)。


にほんブログ村ランキングバナー
ひざに乗りながら虎視眈々と
降りるチャンスを狙うケイト嬢

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪