今朝のことです。

朝5時半頃、ケイトがベッドにやってきました。

「ケイちゃん、おいで」と言ったら
いつもは私のそばに来るのですが
今朝はまだ寝ていたコタローの近くでごろん。

同じ格好で朝寝しました。


コタローが体勢を変えるとケイトも同じような体勢に。

よく人間の心理学で
無意識に親しく思う好きな人と
同じ動作を真似してしてしまうというのを
聞いたことがありますが
動物もそうなのかしらん(^_^;)

今朝は涼しいから
もうちょっとお散歩遅くてもいいかなと
私もちょっと二度寝・・・。

5分後。

コタローの「ガウっ!!!」で
目が覚めました。

見るとコタローは寝たまま頭だけ起こし
ケイトはコタローからちょっと離れて
小さく丸くなってます。

あー、やっちゃった。

たぶんケイトが寝てるコタローに
くっついてみようとしたんでしょう。
で、怒られた、と。


ケイトは何かとコタローに
くっついてみたいようなんです。
というか、もぐりこみたいみたい・・・(^_^;)

おやつもらうときも後から来たケイトがコタローにぴったり

でもコタローはくっつかれたくないので
おやつもらったらさっさと離れていきます。


こうやって起きてるときなら
くっついてきたケイトから逃げるだけですが
寝てるところだったので
ちょっとご機嫌ななめだった模様。

あ、でも昨日、おやつをもらおうと
必死なコタローの足の間を
ケイトが無理くり通ろうとして
ガウっ!って怒られてました(汗)。

寝てるときでも人が触ったり
ごくごく親しいワン友がくっついたりでは
ガウっと怒ることはしないとは思うのですが
コタローの中では
ケイトはそこまで親しくないんだろなぁ。

まあぜんぜん親しくない話の通じなさそうな相手には
ガウもしないので
ある意味では遠慮がなくなってきたとも言えますが。

ケイトはコタローをずいぶん
慕ってるみたいなんですけどね。

そもそもコタローは
人でも犬でも
ベタベタすることを嫌う犬です。

私と同じベッドやソファで寝るときでも
お互い触れ合わないように寝てますもん。

触れたからってコタローが怒るわけではないのですが
居心地は悪いかなと私も遠慮。

コタローから私の足に
あごを乗せてくることもありますが
コタローのくっつきレベルは
せいぜいその程度で
それも滅多にありません。

一方のケイトは私が相手をしてるときは
常にスリスリっと体のどこかを
触れ合わせていたいタイプ。

これをコタローにもやりたいみたい(汗)

ケイトも誰にでもというわけではなく
今のところ対象は
私とコタロー(汗)。

最近ではコタローが立っている足の間を
くぐり抜けたいみたいで
むりやり通ったりするのですが
体が触れるとコタローが嫌そうなんです。

なのでケイトは触れないようにくぐってみたり・・・
そこまでしてくぐりたいのか???
なんだか火のついたバーをくぐる
炎のリンボーダンス
みたいなんですけど(笑)。

ケイトに「ガウっ」としたコタローを取り押さえてでも
いけないことだと教えるべきなのかとも
チラッと思ったりしましたが・・・。

コタローはケイトを傷つけようと思って
ガウっとしてるわけではなくただの警告で
(もし傷つける目的なら
 しっかりガッチリ止めないと
 ダメだと思いますが)
これが犬同士なら当然の主張だとも
思ったりするんですよね。

コタローにとってはいけないことでもなんでもない。

そうコタローが思ってるからには
押さえつけることは
かえって逆効果になる確率の方が高いし
コタローにとって理不尽なことは
受けいれない頑固柴ですから(汗)。

でも相手がず~~~~っと小さいケイトですから
できればもうちょっとだけ
大目に見てやってほしいなというのは
人間の勝手な願望かな、と思ったり(^_^;)

コタローにくっついてきたりしなければ
どこにケイトがいようと気にしないし
歩いているケイトに
犬パンチでちょっかいかけたり
する程度なんですけどね~。
(その犬パンチはケイトはさらりとスルー。
 これもヘンな関係ですね)

寝ているコタローを私がなでてやると
もっとなでて~とごろんとしてくるんですけどね。


こういう私が触ってるときに
ケイトがくっついてきても大丈夫なので
少しずつコタローには慣れてもらおうかしら(^_^;)

でもケイちゃん
なぜかこういうときは近づいてこないのよね。

私が触ってる限りは
怒ったりはしないから
チャンスなんだけどな。

あくまでひとりでチャレンジしたいのかしら(笑)。

にほんブログ村ランキングバナー
お散歩休憩中でも
飼い主としっかり距離をとるコタさん

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪