2才を過ぎて、食べ物に対する「執着」
というのが出てきたような気がします。

泥のついた葉っぱを振り回したら
顔が水玉だらけになりました(^_^;)


といっても、それが出るのは
「対犬」でのことで、かつ「自分の」がつくんですけど。

コタローはおやつをもらうのは好きですが
もらうときに周りの犬が気になることがあります。

食べ物をもらうときに
たとえ相手に悪気が無くても
その犬が自分の前に割り込むとか
顔や口を覗き込むとかすると
「ムキッ」となることがあります。

水玉って言うより、黒玉?

「ムキッ」で相手が引き下がるかそっぽを向くか
もしくは私(or よその飼い主さん)が間に入らないと
「ガウッ」となる可能性も無きにしも非ず・・・だと思う(^_^;)

10ヶ月くらいまでは
他犬に口の中を探られて
おやつを取られたりすることもあったのですが
(まあ当時はおやつにあまり興味も無かったので)
強くなった、自信がついたと言うべきか
執着心が出てきたと言うべきか。

そして以前から思っていたことなのですけど
たまたまかもしれませんが
コタローの周りにいる洋犬ワンコたちは
コタローのように「ムキッ」とすることがありません。

おやつを目の前にすると
隣にいる犬より何より
その「おやつ」に集中してる感じなんですよね~。
誰かに「ムキッ」としてる場合じゃないくらい
集中してる気がします。

左を向いても黒玉

おやつに集中してるから
ついコタローのほうへ配られるおやつにも
ふらふらとついていって
コタローの顔まで覗き込むような形になる。

それをコタローは気にする(^_^;)
相手はおやつを見ているのであって
コタローのことは見ていないのですけれども。

右を向いても黒玉~

コタローが周りの犬を気にせず
もっとおやつに集中してくれればいいんですけどねぇ。

犬がみんな「くれる人」と「自分」だけに
集中してくれると争いも起きないので
それぞれの犬に「マテ」させて
順に配るとわりと大丈夫みたいなんですけれども。


「執着する柴犬」っていうのはよく聞く話ですよね。

・・・なんてことを考えてたら
こんなことを見つけました。
♯6 キレやすい柴犬について|ムツゴロウ動物王国のブログ

このワンコのパターンは
食べ物への執着等々で
飼い主に抑制無しに噛み付いてしまう話なんで
またちょっと違うのかもしれないですが
興味深い内容がありました。

ざっとはしょりますけど



日本犬と洋犬を比べると
日本犬にこうしたキレやすいタイプが出てくるのは
「産児数」の影響があるそうで。

一度に生まれる数=産児数が
日本犬は1頭~3頭
洋犬は7頭~9頭。

離乳期にみんなで食べ物を食べるときに
多頭数の洋犬は争ってる場合じゃないので
とにかく食べることに集中し、かつみなと仲良く食べることを覚えていくそうです。

一方の日本犬は
まず自分のものを確保しようとして
力ずくの争いが起きる、というわけ。

で、この争わないように教えるのが
本来は父犬の役割なんだそうですが
通常ブリーダーのところではオス犬は一緒にされてないので
抑制を教えられない。

本来ならブリーダーが
その父犬の代わりをしなくちゃいけない。



とまあ、こんな感じ。
もちろん個体差もありますから
一概には言えないんですけどね
もしかしてそういう影響もあるのかなぁ。

そこでのアドバイスとしては
人の手で食べさせることで
人に対する守りは修正できるとありましたが
対犬はどうすればいいんだろう~。
ソコが知りたかったわ~(^_^;)


ちなみにコタローは
やっぱり小さい頃はずっと手で食べさせてました。

それが功を奏したのか
通常人間に対して食べ物を守ることはありません。

盗み食いを怒ってしまって唸られたことがありますが(汗)
飼い犬に唸られました | 柴犬コタロー日記


さてそんなコタローと
今朝のお散歩でボールで遊んでいたら
突然コタローがクンクンクン・・・。

そして何かをぱくっと!!!

普段は食べ物を見つけても
まずはクンクンクン
もっとクンクンクン
そしておもむろにくわえてみたりと
食べるまでに時間がかかるので
食べ始める前に声をかけると
拾わないでくれるのですが
今日はくわえるまでがものすごく早かったので
止め損ねました。

慌てて口を開けさせて出させると
そこには・・・・


おととい私が落として
行方不明になってたレバーソーセージでした(汗)。


そっか、食べなれたものだったから
「ぱくっ」までが早かったのね(ーー;)

でも残念ながら没収させていただきました。

ちなみに没収したソーセージってコレ。

無添加・無着色なのにお手頃価格♪
ちぎって与えやすいのでお気に入り。


★おまけあります★


にほんブログ村ランキングバナー
他の犬に怒られたらそれはちゃんと
引き下がるのですけどもね(ーー;)

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪









--------
(●・ω・)ノ-おまけ
--------
お散歩中に遊んでいる小鳥を凝視。


まさか追いかけないだろうけど
呼び戻してみるか・・・。

舌打ちしてみると。

ゆっくりこっちを振り返って


悪いんだけど後にしてくれる?

・・・静かに諭された(ような気がした)。


その後またじっくりと小鳥を観察。



小鳥が飛び立ってから悠々と戻ってきた
コタローでした。