以前ボールを守って先輩ラブにガウっとしたコタローです。
(ご参考「コタロー、ガウる」)

すっかり換毛して尻尾も空き空き


コタローはいつも
先輩ラブのサミーくん&サニーくんにだけ
守りに入ってます。

ほかのワン友にとられても抵抗しないし
せいぜい一言、「うー」って唸るくらい。
それで取られてもあきらめます。
ボールをあげないよ~なんて取り合いっこでも遊べるのです。

が、この先輩ラブたち相手だと
近寄ったりのぞきこまれたりするだけで「うー」。

この二頭が嫌いなのか、というとそういうわけではなく。

たぶんですが。

この二頭に本気を出されたらかなわないと思ってる。
そしてコタローは負けたくない。
年下の子やメス相手には自分から争いを放棄しますが
この二頭には負けたくない。
だから余裕がない。
それが守りにつながるのかな。

よく弱い犬ほどよく吠える、とは言いますが
弱い犬ほどよく守るものだと思います。

コタローが唸ってますが
実は追い詰められているのはコタローの方なんでしょう。

まったく付き合いのない犬(ドッグランであった犬)なら
そこまでこだわらないのでしょうが
普段よく会うワン友だけに
コタローなりにこだわってしまうところがあるんでしょうね。


ワン友を待ち構えるコタロー
いつの間にか指示しなくても走りよらずに待てるようになりました

で、その後の対応ですが。

まず「ヨソのボールはとらない」
少なくともサミーくんのボールはとらないようにすることを
教えようと思いました。

犬は、口からボールを離した時点で
誰の所有権下にもないと思うものだと
考えるであろうということを知った上で。
コタローには無理難題だろうとは思いましたが。

以前はワン友が近くまでくると待ちきれず跳びかかってましたが
最後までフセで待てるようになりました


早速次の日もボールで遊ぶサミーくんに会い
サミーくんがボールを離した後、
コタローがボールに触れる直前に止めてやろうとと
思ってました。

(私に投げてもらうためにサミーくんは
 わざわざ私の前=コタローの前で
 ボールを離します(^_^;))

すると。

・・・コタロー、ボールを取らない。

なんで?なんで?
1回だけじゃなくずっと
サミーくんのボールを取りません。

結局、教えるまでもなくコタローはサミーくんの
ボールを取らなくなりました。

なんでかって?うーん、何ででしょう(^_^;)

コタローがサミーくんのボールに注目する前に
私がコタローを呼び寄せたりしたからか。

前の日にガウッとしたのが
飼い主をはじめ誰にも起こられなかったにしても
(サミーくんは無反応だったにしても)
コタローなりにショックだったのか。

誰もいないときはロングリードでフラフラしながら
私の後をそれとなくついてくるようになって来ました

で、その日以来、何度もサミーくんと
遭遇してるのですが
ボールを取りに参加しなくなりました。

他の犬を交えての追いかけっこをしたり
サミーくんの頭突き挨拶(笑)を受けたりはしますが
ボール遊びは邪魔をしなくなりました。

サミーくん以外がボールを持った時は
取りに行ったりしますが
以前と同じように守りには入りません。

ようやくコタローもサミーくんに一目置けるような
ココロの余裕ができたのかな。


呼んでないけど「来たよ!」の顔(笑)

で、さらにその後。
別のボールで遊んでいたコタローに
ボールを追いかけていたサミーくんが激突。

コタロー、バコッと弾き飛ばされました。
(ホントに宙に浮いてた)

怪我も何もなかったのですが
突然のことにショックだったようでした。

ますますサミーくんには適わないと
実感したことでしょうね。


さて、もう一方の先輩ラブのサニーくんに対しては。

コタローが自分のボールで遊んでいるところに
ボールが欲しいサニーくんが近づいて
こちらは相変わらず「うー」って言ってました。

ただね、これはね~、自分のボールだからね(^_^;)

「うー」は当然かな?どうなんだろう?
私の中でも判断に迷いが。

結局、ボールを持っているコタローに
サニーくんを近づけないように
私が間に入ってやり過ごしました。

まあ当分は先輩ラブがいる場面で
コタローのボールは出さないようにしようかなと
思っています。

そうだなぁ。
コタローにもうちょっと余裕が出てくるまではね。


にほんブログ村ランキングバナー
オトコのプライドっちゅーのも
難しいもんやね~

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪