更新が滞りまして
申し訳ありませんでした~

というのも、コタパパがぎっくり腰やりまして
病院の送り迎えだ
現場のアシスタントだと
いてーだうごけねーだと文句垂れるコタパパに
そりゃもうこきつかわれておりました。

・・・私が肋骨にヒビ入ったときは
すべて自力でやったと言うに。

というわけで(?)
18日に開催されたつくばお散歩会を振り返ります。

詳細につきましてはこちらに丸投げ。
第19回 つくばお散歩会 ~秋はまだかいな?~ – 【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】 – Yahoo!ブログ

夏場は暑すぎてお散歩会ができませんので
前回から4ヶ月ぶりのお散歩会でした。

いつかお散歩会で夏毛のげっそりコタローを
披露したいと思ってますのに
今回もまたすでに冬毛が生え始めた
コタローになってしまいました(汗)。

北海道犬母娘 花ちゃん&花鈴ちゃんのドスコイプロレスに
触発されて暑い中ごろーちゃんを誘うコタロー。


コタローは花ちゃんズに混じってみたかったようですが
プロレスは1対1が基本ですから
ごろーを誘ったようです。

これがドッグランみたいなオフリードなら
みんなで走りっこしたんだろうな。

後続グループが到着するころには
ごろー&コタローのオンリード追いかけっこも
終わっていたので
きっとほかの皆様にはスイッチの切れた
シニアのようなコタローしかお見せできなったかと思われます。


遊ぶスイッチのON・OFFがはっきりしているコタロー。

もともとその傾向はあったのですが
2才半過ぎた頃からますます顕著になってきました。

ON状態で遊んだ後
OFF状態になると
みんなと和気あいあいで休むよりも
ひとり輪から外れることが多くなりました。

今回はお散歩会だったので
私がこれ以上先へ進むのをとめましたが
普段のお散歩では遊んだ後は
未練もへったくれもなく
はい、さよならーって立ち去ることもしばしば。

パピーのころはず~っと公園にいて
ワン友集合の始まりから終わりまでいたのですが
ずいぶん変わりましたねー。

3次会のカラオケまで行って
なお次へ行こうとするタイプだったのに
今では乾杯の後で歓談したら帰ってくる
スマートな男(←飼い主の欲目(笑))になりました。


今回は小型犬の参加もありました。
ヨーキー(1歳、♂)さぶろうくん。

集合時の自己紹介で
犬好きと伺ってましたが
いわゆる一方的な「犬好き」とは違ってたようにお見受けしました。

「犬好き」と言われる犬にありがちな
好き好き全開で飛び掛ってくるようなタイプではなく
ちゃんと相手の動向をみて対応できるスキルのある
男の子だったと思います。

コタローとの対面でもゆっくり近づきます。
コタローは相手が来ることがわかってて
ちゃんとそっぽ向いてますね。

リードもゆるゆるですねー

コタローが向き直ったらこんどはさぶろうくんが
横向いてます。


これだけ体格差がある相手にも物怖じせず
でも相手が深入りする気はないなら
あっさり挨拶を終えるスキルがある
この年齢で大人だなぁと思いました。

コタローの場合
体格が近い or 自分より上だと
もっとオス同士を意識して
けん制しながらニオイを嗅ぐとか
マーキングしあうとか
もっとオトコ臭い(笑)挨拶をすることがありますが
これだけ体格が違うと
さらりと終える挨拶になります。


ちなみに口うるさいおじさんになりつつあるコタローは
今回も低姿勢で挨拶に来たミツバちゃん(10ヶ月、♀)にも
軽くガウ言ってましたねー。

ちなみに久々にあった花ちゃん(2歳、♀)が
口周りににおいを嗅ぎにきたときも軽くムキ。

最後の休憩所で
コタローが水を飲んでいるところに
ごろーが近づいたときもムッキッキ。


自分もそうそう威張れるマナーがあるわけじゃないのに
そこにはコタローなりのルールがあって
おそらくわかる相手にしか言わないとは思うので
ケンカにはならないと思うんですが
この程度のことなら私はコタローのルールを
優先させてやってます。

つまりはコタローのけん制を見逃すってことです。
褒めもしませんけど。

ただ相手の飼い主さんへの事前通達(?)の意味もあって
「コタロー怒るよー」とは言いますけど
それは何も飼い主さんに阻止してもらいたいわけでもなく
この程度のことは犬同士で解決するんじゃないかと
思ってはいるんですけどね。

実のところ、飼い主さんが
コタローがムキっとする前に止めても
犬に任せてコタローのムキっで犬自身が引いても
コタローにとっては
特にメリットもデメリットもないと思います。

ただ相手には
こういう「めんどくさい犬」もいるっていう
ひとつの経験にはなるかも?

コタローもあくまでけん制なので
ほんとに攻撃はしないと思いますが
柴犬のムキっを初めて見る人は
その恐ろしげな顔にびっくりするかもですね(^_^;)
すごい顔ですから(笑)。

そりゃあね
低姿勢に挨拶にくる犬に対し
ヨシヨシと迎えてくれる犬や
顔回りにきたときも受け入れる犬、
他犬と一緒に水を飲む犬もいますし
人間的にはそういう犬のほうが
「いい犬」であり「賢い犬」であり「やさしい犬」
ということになるんでしょうが
コタローはそういうタイプではないんですよね。


お散歩会でのワンシーン。

うら若き乙女の花鈴ちゃんと
それに無関心な唐変木コタロー。

右端の母・花ちゃんの耳チェックが光る!



花鈴ちゃんに不埒なことをしないか見張っております???


花鈴ちゃんは動き出すも
微動だにしない柴犬。

秘儀!ひとり静止画


コタちゃん、いつものことだけど
もうちょっと動かないと
気が遠くなってるかと思うから気をつけてね(ーー;)

暑い日は出力10%で生きる男であった


にほんブログ村ランキングバナー
お留守番が続いて
甘えん坊でさびしん坊なケイトさん

コタロー日記はランキング参加中♪
←1日1回ポチっとクリックありがとうございます♪