今朝のお散歩で、先日会ったコーギーくんと再会しました。

今日もお庭で一人優雅にお散歩のコーギーくんに、柵越しにご挨拶。

コーギーくんは、4ヶ月の男の子と判明!名前は「コビーくん」。

こんな時に限って、カメラを忘れてしまいました~、私のバカバカバカ。



コビーくんは、英国のミニ紳士のような風貌で、とっても美少年ならぬ美少犬。

目なんか茶色で、よく見かけるコーギーより毛が長くて、色も全体的に淡い感じがまたヨイ♪

ワンワン言うコタローに怖くて逃げたのかな?と思っていると、柵越しにコタローとおっかけっこしてくれました。

挙句に二匹して柵ぎりぎりの草をかじってますが、威嚇しあいっこ???

これは友好的なんだろうか・・・?む、難しい。



コビーくんのママ(=飼い主さん)が、窓から「いつも朝は庭に放してるので、来て下さいね♪」とお許しを頂きました。

塀の中も入ってきていいですよ~、なんて言われましたが、「奥さん、うちの柴はガウガウしますよ」とも言えなかった私。

こんなジェントルマンな風貌のコビーくん、コタローの遊び相手になってくれるかな???

お互い興味があるみたいだし、遊ばせたいのはヤマヤマなんですが。



ワンコ連れ同士って、ワンコだけじゃなくて相手の飼い主さんが、遊びで激しくガウガウしても

OKな飼い主さんなのかどうなのか、気になりますね。

子犬同士だし、仲良くガウガウしそうな気もしますが、それを見て飼い主さんに引かれるとツライかも。