4月 30, 2012 - 日常    1 Comment

あれから1年。これから1年。


1年前の今日、4月30日。

それはコタローと私がケイトを見つけた日です。
 →コタロー、ネコ拾いました(^_^;) | 柴犬コタロー日記


あんまり細くて小さく見えて仔猫と間違えました(^_^;)

コタローが猫とトラブルになることを避けていたので
コタローが藪の中の三毛猫を発見しても
いつも通り通り過ぎた私たち。

なのに後ろから「にゃーにゃー」って鳴く声がして
後戻りしてみると藪から道路へ出てきた猫が
こっちをじっと見てました。

さらに1歩戻るとあわててまた藪の中に戻っちゃいましたけど。

今思い返してみても
慎重で臆病なところがあるケイトが
よく犬連れの人間を呼びとめたなぁってこと。

後から聞いた話ですが
ケイトにごはんをあげていた人によると
外にごはんを置いてると食べるんだけど
近づこうとするとすぐに逃げちゃってたそうですから。

震災の後のごたごたもあって
ごはんをもらいにも行かなくなって
よっぽどおなかがすいてたのかもしれませんが。


飢えてやせているだけだと思っていた三毛猫は
重度の横隔膜ヘルニアを患っており
引き取った当初はいつか近い将来
・・・少なくとも数年以内には
コタローと一緒にケイトを見送ることになるのだろうと
ぼんやり思ってました。

それが今では病気も完治し
先日の健康診断でもちょっと気になる数値も出ていたものの
ほぼ健康体・・・といってもいいかな。

おなかにちゃんと脂肪も付いて
手術跡も言われないとわからないくらいになりました。



ちょっと気難しい柴犬コタローともうまく合わせてくれて


やんちゃ過ぎるにゃんごろーの面倒もしっかり見てくれて


いつも穏やかで控えめなケイトは
ふたりっきりになると私とくっついたくて
甘えん坊になったりして。


ケイトに出会って
今までどこか他人事だった保護猫についても
よく考えさせられました。

見て見ぬふりをしてしまえば
命を落とす犬猫もいるってことも
かわいそう、って言ってるだけじゃ
おうちのない犬猫を助けてあげることはできないことも
そして手を差し出したら最後までその手を離さないってことも。

ヘソ天してひなたぼっこするケイトを見てると
うちに来てくれてありがとうって思います。



ケイトじゃなければ猫二匹目とか考えられなかったかも。
一匹目がにゃんごろーじゃ、もう猫はおなかいっぱいって思うかも(笑)



今日からまた1年、よろしくね。




にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
クリックの応援よろしくお願いいたします♪
テーマ: ,

1 Comment

  • 初めまして
    今のケイトちゃん、とっても美人ですね
    1年前の痩せてる写真を見ると
    本当に保護してもらえて良かったなあと思います

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

«
»