コタローは通常のお散歩で
3メートルのリードを使っています。

よく売ってる120センチのリードは
短すぎて使いづらいです。

・・・というと、ロングリードならいいだろうと
伸縮リード、いわゆる「フレキシリード」を使う方がいるんですけど
個人的には使わない方がいいと思います。

なぜって、伸縮リードでは引っぱりが出るから
なんです。

私が3メートルのリードにしてる理由は
もともとは犬も飼い主も(←ここ重要)引っ張らない
ゆるゆるで気持ちよく歩ける散歩を目指してるから。

でも伸縮リードはその特性上
大きな力ではないかもしれませんが
リード本体が犬を引っ張ってる=飼い主が犬を引っ張ってる状態になります。
しかもに。
柴犬コタロー日記
アレはいやだねー


犬は引っ張られると引っ張ります。

人間でもそうですけど
引っ張られたまま歩こうとすると
後ろに引かれながら前へ歩くことになり
バランスをとるため前傾姿勢になるし
引っ張りながら歩かなければならなくなります。


そんなちょっとの力でしょ?と思われるかもしれませんが
普段コタローを止めるのにもちょっとの力しか使ってないので
フレキシのちょっとの引っぱりにも敏感に反応します。
柴犬コタロー日記
止めるときは指一本で止まるコタさんです


だからフレキシにするとこう↓なります。
伸縮リードで引っ張り増長


フレキシリードは小型犬がつけているのをよく見ますが
10キロのコタローでもこうなので
5キロ以下のコたちはとっても大変だろうなぁ。

飼い主が思っている以上に
飼い主の引っ張りって犬に影響を与えてると思います。

うちの犬は引っ張るんです、という飼い主の方が
引っ張ってる、もしくは緩めてない(張ったまま)場合を
わりとよく見かけるんですよね。

かくいう私も以前は
自分が引っ張ってる&リードを張ってると思う時が多くて
意識しないとなかなかリードが緩めた状態にならなかったです。

今はかなり無意識にできてるようになりましたが
これもコタさんのご協力あってこそ。
柴犬コタロー日記
横を歩くときもゆるゆる〜


緩んでるかどうかわからない場合は
自分たちの影を見るとよくわかりますね。
今でも折々チェックしてます。
柴犬コタロー日記
前を歩くときもゆるゆる〜


でもたまにゆるゆるし過ぎて
飼い主がリードを踏んづけてしまい
ガツンと止められたコタローに「はぁ???」
って顔されることもあります(汗)。

「ご、ごめんね〜」って謝ってゆるしてもらっておりますです、ハイ。


ハーネスならナスカンが立ってなくて
横に寝てるっていうのもリードが緩んでるかチェックに使えます。
柴犬コタロー日記
寝てたらオッケー♪


リードもかなり傷んできたので買い替えたいのですが
なかなか3メートルの使い勝手の良いリードってないんですよね。


実際は3メートルをフルに使う場面はもうそうそうなくて
ちょっとふらふらさせるとき
横にべったり貼り付くのもなぁなんて場合や
飼い主がちょっと手抜き(笑)する場合だけなんですけどね。
柴犬コタロー日記


ちなみに街中に出かけるときは
180センチのリードを使用しています。

軽い方がいいけど滑らない方がいいし
ナスカンと相性を考えないとするっと外れたりもするし(汗)
いいリードがないかなーと模索中です。


にほんブログ村 柴犬ブログ
コタロー日記はランキングに参加しています。
クリックで応援ありがとうございます♪